水滴と基板

外勤が多いなら雨に強い撥水剤を塗布したスーツがおすすめ

撥水加工された布

衣服は、いつでもさらっと爽やかな着心地であって欲しいものです。しかし、実際には、外出中に雨が降れば、いくら傘を使っていても、濡れるのを完全に防ぐことはできません。コートやジャケットなど、上半身に身に着けるものはともかく、雨の時には、パンツの裾など、足元が濡れないようにするのは至難の業です。そんな時に役立つのが、フッ素コーティングです。
フッ素コーティングは、各種レインウェアやアウトドアグッズ、スポーツウェアなど、雨や雪で濡れる可能性が高い状況で使う製品に、撥水剤として広く活用されています。しかし、こうした特殊な製品に限らず、普段の仕事で着るスーツなどにも、撥水剤が使用された防水仕様のものがよくあります。仕事用の服を購入する際に、撥水剤を使用した生地で出来た製品を選ぶようにすると、雨に降られても、服がびしょぬれになって困るようなことはなくなるでしょう。
特に、仕事の性質上、外勤が多い人であれば、フッ素コーティング済の製品を揃えておくようにするのがおすすめです。更に、同じくフッ素コーティング剤を原液として使用した防水スプレーでメンテナンスすることで、スーツの優れた撥水性を長く維持することが可能です。

フッ素コーティング剤が原液の撥水剤で服を雨や汚れから保護

雨に降られた時、或いは何か液体をこぼした時、服に水分がしみ込むのは困ったものです。水がしみない素材で出来た服なら、そんな状況でもまったく影響を受けずに済むわけですが、かと言ってまさか、いつも鉄の鎧を着ているわけにもいきません。衣服としての柔らかさやフィット感、そして通気性を妨げることなしに、繊維が水を通さないように加工出来るのが、防水スプレーとして販売されている撥水剤です。
防水スプレーの原液はフッ素コーティング剤ですが、フッ素コーティング剤は、撥水剤、防湿剤、防汚剤など、一つで様々な薬剤の持つ効果を発揮できるという特長があります。防水スプレーとしては、このうち、主として撥水剤としての役割を果たしており、スプレーすることで衣服には、耐水性という新しい特性が付与されることになります。
フッ素コーティングで撥水性を発揮するのは、フッ素樹脂の被膜です。この被膜は極薄なため、これで服の繊維がコーティングされていても、服がゴワゴワして着心地が悪くなったり、繊維間のすき間が埋まって通気性が失われることもありません。外出が多くて雨に強い服が必要だったり、多くの飲食物を扱うお店で働く人の服の汚れ対策に頭を悩ませているなら、防水スプレーが一つの解決策になるでしょう。

撥水剤はどの家庭にもある鍋やフライパンにも使われています

撥水剤のコーティングと言われてもあまりピンと来ないで、自分とは関わりのないものと思う方も多いですが、使用されている製品はほぼすべての家庭で利用されていると言っていいでしょう。わかりやすいものとしては、料理に使うお鍋やフライパンでしょう。テフロン加工がされているお鍋やフライパンは一般的ですが、そのテフロン加工に使われているのが撥水剤です。
テフロン加工に使われているのはフッ素コーティング剤というタイプの撥水剤になります。フライパンなどの焦げ付きは、加熱した時に食材から出る様々な成分が含まれた水分がフライパンに付着し、水分の蒸発で成分だけ残るのが原因です。なので撥水剤で水を弾くようにしてやると、水分はコーティング剤の上を滑りフライパンには触れないので、水分が蒸発しても成分がフライパンにこびり付かなくなり簡単に洗い落とせる、と言う仕組みになっています。
また、キッチン用品は食べる物を作る道具なので、撥水剤の中でも安全性は軽視できないでしょう。現在お鍋やフライパンに使われる撥水剤は、フッ素の中でも高分子化合物と言うタイプのフッ素樹脂が使われています。これは水や油は勿論、工場で使われるような溶剤にすら溶けにくいので、体内に入っても吸収されることなく、高い安全性を誇ります。料理に使って毒になるようなフッ素コーティング剤は、現在の調理器具にはまず使われていないでしょう。

フッ素の撥水剤は日常の様々な製品に使われています

水は無いと文字通り生死に関わるレベルで必要な物質ですが、腐食性もあるので水に触れることが厳禁となっている製品も多く、水との接触を避けるために撥水剤が使われている製品も多いです…

皮革製品の撥水剤は必ずフッ素コーティングのものを選びましょう

洋服は勿論靴やバッグなど、身につけるものの素材として昔から人気のある素材と言えば動物の皮、いわゆる皮革でしょう。しかし皮革製品は水に濡れるとすぐシミになってしまうので、撥水剤…

衣服に使用されるフッ素コーティング撥水剤は防汚性も高い

フッ素コーティング系撥水剤は、衣服やスポーツウエアなど撥水性や速乾性が求められる生地のコーティングに使用されるだけでなく、クリーニング業者では失われた撥水性の復活と追加加工に…

フッ素以上に電子部品の撥水剤に向いた素材はありません

電子部品の致命的な弱点といえば、水や油と言った液体です。電子部品が水や油に濡れると電気の流れが変わり、ショートを起こしたり故障の原因となります。なので撥水剤の使用は必要不可欠…