水滴と基板

衣服に使用されるフッ素コーティング撥水剤は防汚性も高い

フッ素コーティング系撥水剤は、衣服やスポーツウエアなど撥水性や速乾性が求められる生地のコーティングに使用されるだけでなく、クリーニング業者では失われた撥水性の復活と追加加工にも用いられます。しかし。フッ素コーティング系撥水剤は水や汗を弾く以外の効果も高く、高い撥油性による防汚効果も高いものとなっています。そのため、水を弾き速乾性を高めるだけでなく、皮脂の汚れが繊維の奥深くまで浸透することも防止できます。
さらにフッ素コーティング系撥水剤の防汚性の高さは、皮脂汚れや食品油だけでなく、機械油にも効果的です。そのため、エプロンや作業服にフッ素コーティングを施すことにより油汚れに強く、汚れも落ちやすい機能を追加することができます。特に食品加工工場においては、きれいな状態を維持することができるだけでなく、人体への影響が極めて少ないフッ素化合物によるコーティングは異物混入のリスクも軽減することができます。
また、油汚れがひどく強力な洗剤を使用することもなくなり、着用する作業者の皮膚に対する攻撃性の低いものにもなります。洗浄時に浸漬し加熱乾燥させるものからスプレーで常温乾燥できるタイプと様々あり、用途と耐久性を考慮して最適なものを選ぶこともできます。また、撥水性と防汚性により作業服のクリーニング効率も高めることができ、コストダウンにも繋がります。

フッ素の撥水剤は日常の様々な製品に使われています

水は無いと文字通り生死に関わるレベルで必要な物質ですが、腐食性もあるので水に触れることが厳禁となっている製品も多く、水との接触を避けるために撥水剤が使われている製品も多いです…

皮革製品の撥水剤は必ずフッ素コーティングのものを選びましょう

洋服は勿論靴やバッグなど、身につけるものの素材として昔から人気のある素材と言えば動物の皮、いわゆる皮革でしょう。しかし皮革製品は水に濡れるとすぐシミになってしまうので、撥水剤…

衣服に使用されるフッ素コーティング撥水剤は防汚性も高い

フッ素コーティング系撥水剤は、衣服やスポーツウエアなど撥水性や速乾性が求められる生地のコーティングに使用されるだけでなく、クリーニング業者では失われた撥水性の復活と追加加工に…

フッ素以上に電子部品の撥水剤に向いた素材はありません

電子部品の致命的な弱点といえば、水や油と言った液体です。電子部品が水や油に濡れると電気の流れが変わり、ショートを起こしたり故障の原因となります。なので撥水剤の使用は必要不可欠…